[★]このブログについて:「あぶらっこいささみ」についての概要
[★]フクロウに対してちゃっちゃとメッセージを送りたい方:コメント用記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球漫画『ワルG』

2010年03月07日 22:12

片山誠
ワルG 全4巻
集英社、2001年

 物語の舞台はプロ野球。

 一条直球太 … 主人公。
 今久留主  … 万年二軍のキャッチャー。

 1998年。巨人のエース、桑田は多摩川グラウンドで一人の中学生に出会う。
それが、相手を殴りつけるような攻撃的な投球スタイルの直球太だった。

 2年間、直球太を探し続けていた桑田はついに、
巨人軍の宮崎キャンプに忍び込んだ直球太と再会する。
桑田の熱心な説得に背中を押された直球太は、
入団テストを経て巨人軍の一員となる。

 はたして彼は巨人軍の救世主となれるのか。

ネタばれポリシー
書き足りない…っ!
スポンサーサイト

Crooked DICE

2009年03月30日 21:17


Crooked DICE
6面体サイコロ
30mm

 いびつな形の(crooked)サイコロ
 一応すべての面が出る

 こんなナリではありますけれど、
特殊な振り方なしにすべての面が出ます。

野球小説「ホットコーナー」

2009年03月23日 21:25

高橋三千綱
ホットコーナー (『カムバック』収録pp.145-173)
新潮文庫、1988年

 物語の舞台はプロ野球。

 広瀬康雄 … 主人公。
 池田義明 … 広瀬の後輩。昨季ジャイアンツの監督に就任。

 名選手、必ずしも名監督ならず。
かつてジャイアンツの星と謳われた天才・池田は苦しんでいた。
監督一年目、昨季のジャイアンツは5位に終わりファンを落胆させた。
 二年目を迎えるにあたって池田は、大胆な人事を行う。
ライオンズの大打者、広瀬のジャイアンツ二軍監督就任。
 その時点で広瀬に対してヘッドコーチの打診や監督就任要請があったことは、
すでにマスコミの知るところであった。

 だが、この人事は広瀬からの申し出であった。
池田に対しての、「恩義」からの打診。

 広瀬は現役時代、キャリアの最初はジャイアンツに所属していた。
そこでは同じポジションの後輩、池田の影に隠れ、
チームに飼い殺しにされていた、というのが世間の評価である。
 広瀬は何を思って二軍監督に就任するのか。

ネタばれポリシー
書き足りない…っ!

野球小説「ピンチヒッター」

2009年03月22日 21:04

高橋三千綱
ピンチヒッター (『カムバック』収録pp.90-115)
新潮文庫、1988年

 物語の舞台はプロ野球。

 村上信次郎 … 主人公。
 叶佐知子 … 信次郎の前妻。
 叶恵美子 … 佐知子の妹。医者。

 ドラフト外入団。ファームで4年間。その後ずーっと一軍半の信次郎
 ろくに日の目を見たことがなかった彼に、引退の時が迫っていた。
 不甲斐ない自分に愛想を尽かした前妻、第二の人生を斡旋してくる
同期の岩島。自分を既に見限った球団のファン。
 信次郎はこのまま球界を去っていくのか…。

ネタばれポリシー
書き足りない…っ!

100面体サイコロ(黒)

2009年03月14日 21:28

100面体サイコロ(黒)
100面体サイコロ
42mm

 中に重りが入っている
 各目の表面は少し加工されて、
止まりやすくなっている

 中に砂とかビーズのような重りが入ってます。
マラカスにすることも可能です。

えぇぇ~…最強の…なんです?

2009年03月12日 20:43

(ボクシング長谷川vsマリンガの話です)

 ブシ・マリンガ

 どんだけ強いんだろう、どんだけ苦しめられるんだろうと
ハラハラドキドキしてたんですけど。

 なんかリーチが188cmとか。

 なんかズール族とか。

 なんかウィラポンがどうとか。

 いや、めでたい勝利ではありますが、
なんかあっさりしすぎてましたね。

あれれ…?

2009年03月07日 21:54

 日本大勝!

 銭ゲバも観たし!

 とか思ってたら…。
チャンネル戻したら岩田のマウンド、
なんか雰囲気が悪いですね。

 フォアボールとボークですか。
なんちゅうときにチャンネル変えたんだ。
もうちょっと銭ゲバの余韻楽しんどきゃよかった。

 ま、日本の勝ちは勝ちですからね。

20面体サイコロ(緑・クリア)

2009年03月06日 21:09

20面体サイコロ(緑・クリア)
20面体サイコロ
24mm

 各面は正三角形で構成される

12面体サイコロ(赤・クリア)

2009年02月25日 22:49

12面体サイコロ(赤・クリア)
12面体サイコロ
23mm

 各面は正五角形で構成される

 

野球小説「遊撃」

2009年02月24日 21:48

高橋三千綱
遊撃 (『カムバック』収録pp.60-87)
新潮文庫、1988年

 物語の展開は大学野球~プロ野球まで。
最初の舞台は城東大学野球部。

 成宮和夫 … 主人公。
 榊原 … 和夫と同郷。また、寮でも同室。
 小野 … 大学野球部の先輩。後に横浜ホエールズ入団。

 A~Eの5つに分かれる大学リーグ。城東大学はAクラスの常連だった。
和夫は高校の先輩に勧められるままに城東大学に進み、野球部に入部。
 しかしそこでは、壮絶なレギュラー争い、
そして上級生からの過酷なシゴキがあった。

 和夫にとって大学野球は地獄であったが、
情熱を失うことなく、社会人野球を経てスワローズに入団する。
 入団2年目の開幕7戦目、和夫はとうとうスタメンに座る。
相手は横浜ホエールズ、若きエース小野

ネタばれポリシー
書き足りない…っ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。